妊娠前 葉酸

妊活中の女性に人気?妊娠前からとる葉酸とは

妊娠前,葉酸,妊活,準備,欠乏症,予防

 

妊娠前からとる葉酸

 

葉酸は、妊娠前に知っておきたい成分です。
ビタミンB群で、水溶性という特徴があります。
実は厚生省でも、葉酸を妊娠する前、または妊娠してから摂取するようにと呼びかけています。

 

 

 

葉酸とは、体の細胞を作るときには、絶対になくてはならない栄養素の一つです。
まず一つ目に、貧血を予防する働きが期待できます。貧血は鉄分不足のほかに、
悪性貧血というものがあります。

 

 

 

この悪性貧血とは、葉酸が体内で足りていない状態の時になる貧血のような症状です。
葉酸が足りない為に赤血球が正常に作られず大きなサイズで作られてしまい、
赤血球が正常な機能を発揮できなくなった為に体が酸素不足になり起こる貧血です。
悪性貧血を予防するために、葉酸が効果を発揮してくれます。

 

 

 

赤血球を元気な状態で維持するために、鉄分を摂取しようと気を付けている人はいます。
しかし、実は葉酸もかなり大切な栄養素です。

 

胎児に必要な栄養素

 

貧血だけではなく、細胞の生成を助ける働きも期待されています。
DNAの成分に核酸という成分があるのですが、その核酸が使われるときに、葉酸は必要となります。
そのため、胎児には必要だといわれています。

 

 

 

それ以外にも、心臓病や動脈硬化など、様々な病気の予防にも役立ってくれます。
葉酸はお腹のなかにいる胎児から大人まで、多くの人が必要とする栄養素である、
ということがわかります。

 

妊娠前,葉酸,妊活,準備,欠乏症,予防

 

葉酸が不足すると欠乏症を起こす恐れもあります。
葉酸はビタミンB12と合わせて摂取することで、より効果を発揮しやすいといわれています。

 

 

 

欠乏症になると、悪性貧血や胎児の発育障害など、様々な欠乏症がありますので、
不足しないように葉酸をしっかりと摂取したほうがいいと思います。

 

 

 

>>>葉酸が妊娠前の女性にどうして有効なの?